読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

À la recherche du temps perdu

失われた時を求めて

月刊TVガイド4月号 岡田准一

 

 

【月刊TVガイド4月号は発売中】岡田准一さんの撮影では、“エヴェレスト”ということで、山を作ってみました。このセット、ぱっと見すぐに山を想起できないかも?と月ガイ以外のスタッフさん方には言われてしまっていたのですが、岡田さんはスタジオに入るなり「おー、山だね!登ればいいの」と続
【月刊TVガイド4月号は発売中】続)と、スタスタスタ~と、軽やかに登ってくださいました! 山だとわかってよかったです!と感謝をのべると「月ガイさんだからね、わかるよ笑。覚悟してきてるから爆笑」(岡田)と優しいお言葉を。そこから、山登りのわーっとカットや旗を持っての撮影に★
【月刊TVガイド4月号は発売中】カメラマンの役なので、カメラを岡田さんに持ってもらうと、そこからスッと“役者・岡田准一”に。美しい横顔に、切なげな眼差しが光ります。が、そのあと小さな山に岡田さんがデコレーションする撮影になると、いたずら心に火がついたのか、まだスタイリストさんや続
【月刊TVガイド4月号は発売中】続)メイクさんが直しに入ってるので、カメラマンが撮影できないでいるのをわかりつつ、サーーーーと雪のスプレーを山に掛け出します笑。慌てる月ガイ。ニヤリな岡田さん。「だって、雪山にしてって言ったじゃん笑♪」と笑いながら、「わかった、わかった」と待機

 

 

 

 

 

 

=======================

3/1

@GEKKAN_TVGUIDE
【月刊TVガイド4月号は発売中】映画『エヴェレスト 神々の山嶺』に主演する岡田准一さんが登場。ミニチュアの雪山を作って、それを岡田さんに撮影してもらうという企画をしたのですが、用意した雪山の住人達はコチラ。続

@GEKKAN_TVGUIDE
【月刊TVガイド4月号は発売中】続)岡田さんはカメラマンに見えるように雪山を作成。が、雪山を作ってる最中はそれがベストだったのですが、いざご自身が撮影するとなると雪山の住人達の背中しか撮れないことに気づかれ、「後ろ向きしか撮れないよ。どうする?」と。裏返しましょうと焦った月ガイ続

@GEKKAN_TVGUIDE
【月刊TVガイド4月号は発売中】続)わしっと掴み岡田さんの方へ向けると、弱い足腰の住人達がバラバラと山から転がり落ちます。「雑に扱ったな笑!!崩れちゃったじゃんかー」と笑いながら怒る岡田さん(←もちろん、ふざけてですよ!)。平謝りの月ガイ。もう一度せっせと雪山を完成させてパチリ★

@GEKKAN_TVGUIDE
【月刊TVガイド4月号は発売中】諸事情で岡田さんが撮影したお写真は皆さまにお見せできないのですが、再現するとこんな感じです! 決して、月ガイが崩したからではありませんので、そこはご理解お願い申し上げます。

@GEKKAN_TVGUIDE
【月刊TVガイド4月号は発売中】岡田准一さんがカメラを覗く写真は、当初真剣な美しい表情だったのですが笑顔がほしい月ガイが“向こうの方に楽しいものが見えますよ!!”とお伝えすると「えー笑?どこー?見えないよ笑」と岡田さん。ほらあそこに!と煽る月ガイ。「えー笑」と言いつつ笑顔を!多謝

@GEKKAN_TVGUIDE
【月刊TVガイド4月号は発売中】次回作の映画を撮影しながらも、たくさんの取材を受けていた岡田さん。いつもより笑顔や元気なお姿が少ないなぁと心配していると「大丈夫、疲れてるわけじゃないよ。ただ、さっきまで映画誌さんとかの取材だったから、(月ガイと)テンションが違うからさ笑」と。